忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

末期ガンから奇跡の生還!10年延命!

「末期ガンから奇跡の生還!10年延命!」ジャーナリストの実践的体験秘話!【ダイヤモンド社より出版】


がん治療認定医1928人増で7890人に

日本がん治療認定医機構は4月28日、新たに1928人の「がん治療認定医」を認定したと発表した。これにより、「がん治療認定医」の総数は7890人となった。また今回、「がん治療認定医(歯科口腔外科)」を新設し、47人を認定した。同機構の今井浩三理事長は今回の認定医の特徴として、病院の第一線で活躍し、患者さんと触れ合うような世代だと指摘し、「こうした若手の認定医が増えることで、がん医療は前進するだろう。患者さんの役に立つ若手認定医が増えることをとても楽しみにしている」と語った。認定医には5月17日に認定証が交付される予定だ。


 「がん治療認定医」とは、がん治療の共通基盤となる臨床腫瘍学の知識およびその実践を支える基本的技術に習熟し、医療倫理に基づいたがん治療を実践する医師。セミナーの受講や認定試験の受験などを経て認定を受ける。09年度は12月20日に試験が行われた。
 また今回初めて認定された「がん治療認定医(歯科口腔外科)」は、診療領域を歯科口腔外科診療領域に限定したもの。「がん治療認定医」の要件に加え、「悪性腫瘍の治療、口腔領域以外の組織を用いた口腔の部分への移植、その他治療上全身的管理を要する患者の治療に当たる歯科医師は適切に医師と連携をとる」ことが求められている。

 4回目となる09年度の認定医(1928人)を年齢別に見ると、「35-39歳」が最多で590人。次いで「40-44歳」が475人、「30-34歳」が392人などと続き、30歳から44歳までが約8割を占めた。

 日本癌学会、日本癌治療学会、日本臨床腫瘍学会、全国がん(成人病)センター協議会の4団体で、06年12月に設立した同機構では、15年までに「がん治療認定医」を2万5000人にすることを目指している。
 今井理事長は、同機構の進める認定医制度が「軌道に乗った」とし、15年までに2万5000人という目標についても「このペースでいけば大丈夫だろう」との見方を示している。今後は認定医の情報を患者に届ける広報活動に力を入れていきたい考えだ。





おすすめ ~お役立ちツール、情報、無料のもので稼ごう!~
すすめ 役に立つ無料ツール おすすめな食品、おすすめなお役立ち情報
競馬情報のオススメおすすめ
サンプルファン!
便利で役に立つ無料のもの紹介無料で登録・利用できるおすすめもの紹介
無料で登録・利用できるおすすめもの紹介
FX
PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

最新CM

ブログ内検索

カウンター

カウンター

アクセス解析