忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

200種類以上の栄養素!サジー!今ならお試し価格で提供!

サジージュースってご存知ですか?


サジー(沙棘)は200種類以上の豊富な栄養素を含む生命力の非常に強い果実です。
サジーは7千万年~2億年も昔から生存していると言われています。また、サジーはギリシャ神話やチンギスハンの伝説などにも奇跡の果実として登場しており、その神話が植物学名の「HippophaeRhamnoides―馬をキラキラさせる樹」の由来となっています。 内モンゴルの現地農夫は言いました。「サジーの山から飛んでくる雉(キジ)の毛艶は他の雉より美しい。」と、心なしかサジーを収穫に行く現地農夫たちの肌はパーンと張り、髪も美しく見えたのはサジーのおかげでしょうか。 欧米では若々しさを保つ健康食品として広く普及しており、宇宙開発の先進国だった旧ソ連では宇宙飛行士の健康増進、ストレスに対する抵抗力強化の目的でサジー が用いられるなど、多くの国で認知されていますが、日本での歴史は浅く馴染みがありません。サジー独特の風味、酸味、濃い黄色の見た目を皆様がお気に召すかわかりませんし、健康食品ですので薬のような即効性はありませんが、飲み続けることで太古より、過酷な環境を生き抜いてきたサジーの生命力を体感し、その価値をご理解いただけることと思います。

サジー


内モンゴルは日本の3倍ほどの面積で人口はたった1/6強ほどです。 まだまだたくさん手付かずの自然を残しています。サジーは栽培する必要が無い程いたる所に自生していて、産地の蛮漢山やその付近にもほとんど人や人工物が見当たりません。 サジー原料は残留農薬検査や有機証明(有機JAS:日本農林水産省)なども取得していますが、内モンゴルの広大な草原や山々を見渡すと有機証明などをご覧いただくよりも説得力のある安心感があります。

原料であるサジーの産地、内モンゴルの映像です。厳しい自然環境の中にサジーは自生しています。 内モンゴル(蛮漢山:標高2000m以上)のサジーは広大な面積に毎年収穫しきれない程たくさんの実をつけます。 撮影された11月でも内モンゴルは凍てつく寒さで-20℃を下回っていました。 サジーの収穫期は10月~翌2月です。実をつける産地や時期がこのような厳しい環境である事もサジーが害虫の被害も少なく安定した良質のサジーを収穫できる要因となります。 また映像からお伝えできるか分かりませんが、内モンゴルの大地は乾燥した、とても肥沃とは程遠い大地です。 このようにサジーは乾燥や温度等の厳しい環境を生き抜く為に豊富な成分を生成したと考えられています。

豊潤沙棘


サジーに含まれるA、C、Eをはじめとするビタミン類、 カロテノイド類、ミネラル類、フラボノイド類、 不飽和脂肪酸類、アミノ酸類、有機酸類、植物ステロール類、 食物繊維等はサジーの果実に含まれる天然の成分です。 栄養成分の種類によっては、体内で働く場所が異り、互いに助け合って作用するので、単体で摂取するよりも複数組み合わせて摂取すうるほうが有利です。

過剰な活性酸素は多くの病気、老化の促進と無縁ではありません。
過剰な活性酸素が作られる状態。
●偏った食事
●ストレス
●不規則な生活
●過剰な紫外線
●過剰なアルコール
●喫煙

過剰な活性酸素が気になる方には豊潤サジーをお勧めします。

私達の体は60~70%が水分で、約20%がタンパク質などのアミノ酸でできています。
アミノ酸はお肌を含む体の各パーツの生理機能を維持、調節する物質をつくる基本的構成成分です。
サジーと米酢のアミノ酸含有量を比べてみたら・・。ビックリ! いまならお試し価格てご提供していますよ!




おすすめ ~お役立ちツール、情報、無料のもので稼ごう!~
すすめ 役に立つ無料ツール おすすめな食品、おすすめなお役立ち情報
競馬情報のオススメおすすめ
サンプルファン!
便利で役に立つ無料のもの紹介無料で登録・利用できるおすすめもの紹介
無料で登録・利用できるおすすめもの紹介
PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

ブログ内検索

カウンター

カウンター

アクセス解析